繰り上げ返済・借り換え・条件変更を使い分け、効率よく返済しましょう。

[ テーマ: 住宅ローン ]

2021年3月7日08:00:00

 

━─━─━─━─━ P R ━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 ■成功のカギは『正しい準備』ができたかどうかです

 

 住まいづくりに失敗する人の共通点は、

 住まいづくりを始める『前』に

 『正しい準備』ができていたかどうかで決まります。

 

 正しい準備といっても、決して難しいものではありません。

 ある『要点』をしっかりと抑えるだけです。

 

 それを学ぶのに必要な時間は、たったの2時間です。

 

 詳細はコチラをどうぞ。

 http://www2.archipro.co.jp/dvd/sumai3.html

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

こんにちは、若松です。

 

住宅ローンの返済中、貯金にある程度余裕ができると

検討したくなるのが『繰り上げ返済』です。

 

繰り上げ返済は、

・月々の返済額は変えず、返済期間を減らす『期間短縮型』

・返済期間は変えず、月々の返済額を減らす『返済額軽減型』

のどちらかを選ぶことができます。

 

どちらも利息を減らせますが、効果が大きいのは期間短縮型の方です。

 

とはいえ、

「繰り上げ返済で貯金が減った後、予定外の出費が発生して困った」

「急なリフォームに対応できず、新たにローンを組む羽目になった」

と、繰り上げ返済を後悔する声は少なくありません。

 

では、繰り上げ返済ほど貯金に影響を与えず、

効率良く返済する方法はないのでしょうか…。

 

方法は2つあります。

それは、『借り換え』と『条件変更』です。

 

『借り換え』は、現在の金利より低い金利の住宅ローンに借り換えることによって

利息を減らす方法です。

ただし、事務手数料などの諸費用が発生するので、

ローン残高や返済期間、金利差によってはメリットを得られないことがあります。

 

『条件変更』も手数料等は必要ですが、借り換えより割安です。

金融機関によっては、オンラインによる変更なら手数料不要となる場合もあり、

・月々の返済額を増やして返済期間を減らす

・月々の返済額を減らして返済期間を延ばす

・月々の返済額を増やしてボーナス返済額を減らす

 

・元金均等返済を元利均等返済に変更する

など、さまざまな変更ができます。

 

ただし、住宅ローンの契約内容や返済状況によっては

条件変更の対象外になることがあります。

ですから、借入先の金融機関ではどんな条件変更ができるか、

契約前に確認しておくことをお勧めします。

 

住宅ローンの返済期間には、

子どもの成長や親の介護、収支の増減など、さまざまな出来事があります。

最適な返済方法を定期的にチェックし、無理や無駄のない対応をしたいですね。

 

 

では、また。

 

 

━─━─━─━─━ P R ━─━─━─━─━─━─━─━─

 

■日々の生活に癒しと安らぎを求めるあなたへ

 

 アロマテラピーに欠かせないエッセンシャルオイル(精油)。

 

 本物の癒しや安らぎを求めるなら、

 合成芳香剤・合成香水・合成エアーフレッシュナーを避けて、

 安全で安心なエッセンシャルオイルを試してみませんか?

 

 混ざりものの無い最高級のエッセンシャルオイルの詳細や

 その使い方については、こちらをご覧ください。

 http://www2.archipro.co.jp/china/oil.html

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─