住まいづくりをご検討されている方へ無料プレゼント

?業者の数があまりにも多すぎて選べない。読みたい方は今すぐこちら!
?資金計画はいつすればいいのか?
?この土地で本当にいいのだろうか・・・
そんなあなたのために、「失敗しない住まいづくりの秘訣」という無料メールセミナー(1日1回、全19回)をご用意しました。

携帯電話でお読みになりたい方はコチラをクリックください。

リフォームをご検討されている方へ無料プレゼント

・リフォームを行う業者の数が多すぎて選べない。読みたい方は今すぐこちら!
・何を基準に業者を選べばいいかわからない。
・信頼できる業者かどうかわからない。
そんなあなたのために、「失敗しないリフォームの秘訣」という無料メールセミナー(1日1回、全17回)をご用意しました。
 
携帯電話でお読みになりたい方はコチラ をクリックください。


受注に限界を感じている工務店社長へ

もし、お金も人も手間もかけずに受注する仕組みを作ることができるとしたら・・・

あなたの受注に対する悩みを解消する方法を、無料で提供できるのですが・・・


「安定受注システム構築法」無料メールセミナー(全114話)
   ↓   ↓   ↓
http://www2.archipro.co.jp/tanpatu/antei_mailseminer.html

住まいづくりのベストパートナーをお探しの方へ

工務店・建築家・設計事務所・住宅会社の選択基準と判断基準をご紹介します。

日本の家づくり

古きよき日本の家づくりを目指して

若松敏弘のブログへ 高度成長期前、家を建てる時は、その町の棟梁にお願いするのが当たり前でした。

 そして棟梁が、一棟一棟心と魂を込めて家を建てていました。

 しかし、高度成長期に入り深刻な住宅難と急激な都市化により、特別な技術を必要としないプレハブ住宅やマンションが大量に供給され始めたのです。

 

そして今、住宅数は供給過剰になりました。しかし、住宅の質は低下していったのです。


 
 確かに色やデザインは豊富になりました。

 しかし、日本の家は工業製品で組み立てられた、規格型住宅が主流です。

 健康に影響を及ぼす材料なのです。

 しかも、建築費は家に関係のない広告・宣伝費がうわのせられているのです。

 良質で健康な家を、適正価格で、住む人に合わせ、ていねいに建てることは非常に難しくなっています。


 私たちは、現在の住宅業界をもっと住む人本位に変えるために、古きよき日本の家づくりに向けて、住まいの結婚相談所をスタートさせました。


棟梁の家づくり


古きよき 一棟一棟、魂を込めて家を建てる「棟梁の家づくり」に立ち帰り、住む人が生活を楽しめる家を、無駄なお金をかけずに建ててもらいたいと思います。

 それが、家と暮らしの質を高め、不動産価値を長く保つことができ、そして地球環境の保全にもつながると、私達は考えています。


 今、棟梁の家づくりは、ひっそりと形を変えて地域に残っています。

 「住む人のためだけを考え、健康を害さない材料で、安く家を建てる」と考え、建築をお願いされた人たちだけに家を建て続けています。

 そんな一般には知られる機会のない、地域の優良工務店を元気にすることが、これからの家づくりに役立つと考えています。


中立の立場の住まいの結婚相談所


 住まいの結婚相談所は、誰でもできそうに思われますが、決して簡単ではありません。

 どの住宅メーカーにも属さず中立の立場に立つことは非常に難しく、また、大きな収益は期待できないからです。


 私たち住まいの結婚相談所は、建築予定者に住宅情報を販売し収益を得ています。

 また、工務店・建築家からマネジメント料をいただいております。ですから、工務店・建築家が本当によい仕事をし、あなたに満足していただくことが、将来的にも私たちの収益につながると信じて運営していきます。


 古きよき日本の家づくりに向けて、あなたのご賛同・ご参加・ご協力をお願いします。


メールでの相談はこちらから